iPhone OS 3.0「ボイスメモ」でポッドキャストを収録してみる

お知らせ
今回の放送「去年富士山でやり残したことをリベンジしたいの巻」はiPhone OS 3.0の新機能「ボイスメモ」を使って収録してみました。外部のマイクは接続しないでiPhoneの内蔵マイクのみで録音。テーブルの真ん中にiPhoneを置いて「ボイスメモ」を起動してしゃべっただけ。
入力レベルが心配でしたが、実際録音してみると問題なく録れてました。ノイズもそれほど気にならず、ただのしゃべくりだけのポッドキャストならこれで全く問題ないと思います。15分の収録を3本録ったのですが、一本当たり10MB〜12MBなのでこれくらいなら容量的にも問題ないかな。

ただ恐ろしいのは、念のため僕とナラマさんのiPhoneで同時録音していたのですが、ナラマさんのはちゃんと録音できていたのだが、僕のは全く録音できていなかった...。iTunesにiPhoneを同期させてもボイスメモを全く認識しない! 「ボイスメモ」のプレイリストにファイルが全く存在しないことになっている...! 何故だ。

「DiskAid」で強引にiPhoneからデータをぶっこ抜くしかないと思い、iPhoneの中を覗いてみると40MBくらいのmovファイルが3本あった。なんだ、ちゃんと保存されてんじゃんと思いきや、聴いてみると10秒程度しか録音されていない...。この時点でやべー、収録失敗か...?と冷や汗をかきました。mov以外には「m4a」という拡張子のmovと同名のファイルが。調べてみるとボイスメモで録音された音源はmov形式で録音され、終了後m4a形式に変換されるっぽい。で、iTunesに読み込み時にmp3等にさらに変換される、という訳か。

確かにボイスメモで録音を終了した後、ずーと風車が回っている状態だったから、そのときmov→m4aに変換しているところだったのか。2〜3分そのままだったから強引に終了してしまったのがいけなかった...。しかし何故ナラマさんのiPhoneは数秒で変換が終わったのに、僕のiPhoneは数分経っても変換が終わらなかったのだろうか? 個体差? 日頃の行い? 誰か理由をご存知の人がいたら教えてください。

という訳で「ボイスメモ」でポッドキャストの収録は十分可能。ただ、変換失敗とかの可能性があるのでiPhone複数台で録るとか念には念を入れないと、後で僕のように「40MBで10秒しか録れてないって...」と冷や汗をかく可能性もあるので中止が必要ですね。
ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください
にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ

この記事のトラックバックURL (0) (承認後に公開されます)

アリガチポッドキャストとは
30代オヤジ4人によるお笑いインターネットラジオ。 前向きに楽しく生きる様を笑ってください。
身近なバカ話、同世代のあるあるネタ、チャレンジ企画を放送。
軽い気持ちで聞いてください。

ラジオメンバー

中谷
仕事:ウェブディレクター
担当:ラジオ仕切り
山下
仕事:デザイナー
担当:ボケとデザイン
ナラマ
仕事:広告代理店営業
担当:ラジオ盛り上げ
田中
仕事:インチキ社長
担当:マイペース
ポッドキャストをiTunesに登録
http://arigachi.tv/ - アリガチポッドキャスト
ポッドキャストモバイル版
アリガチポッドキャストモバイル
スポンサー
アリガチグッズ
携帯クリーナー
携帯クリーナー
デザインTシャツ制作!中国発注の裏話
デザインTシャツ
携帯待ちうけ
携帯待ち受け
オススメのポッドキャスト放送
RSS購読
  • feedburner